幸福を呼ぶ 縁起の良い干支の酒器

干支ぐい呑

今年も年の瀬が近づいてまいりました。

毎年夏が終わると、職人たちは一斉に
干支ぐい呑の製造に入ります。
十二支の顔を見ると、
ああ今年も年末が近づいてきたなと感じる、
能作ならではの風物詩。

干支ぐい呑のリアルな表情は、
繊細な職人技の賜物です。

縁起の良い干支の酒器で、
新年を迎えるご準備を。

一点一点におもいを込める 一点一点におもいを込める

歳を重ね巡る喜びを伝える十二支

専用箱


底面に十二支をあしらった錫100%のぐい呑。

ひっくり返すと巧みに表現された干支が
錫色にやさしく輝き、
新年を迎える席を華やかに演出します。
内側に金箔を施した盃に
祝いの酒を注げば、金色に煌めく
より一層特別な一杯を味わえることでしょう。

生まれ年の干支を贈り物に、
あるいは新年の干支を
毎年コレクションするのもおすすめです。
ご夫婦への贈り物には、それぞれの干支を
ペアで贈るのも粋なはからい。

毎年好評で売り切れ必至です。
どうぞお早めにご注文ください。

干支ぐい呑ができるまで

1点1点揃えていくという過程を楽しんでもらいたい、
という思いから開発した干支の酒器。
リアリティのある動物の表情と、
ぐい呑が自立する形状の両立に苦労しました。
両耳と鼻で接地するようデザインしたところ、
耳のない巳と酉に大苦戦。
辰は、ひっくり返すと何だか
フラダンスをしている女性のようにも見えませんか。

毎年試行錯誤を繰り返して出来上がった
こだわりのデザイン。
ぜひ手にとって、じっくり
眺めながらお酒を楽しんでいただければ幸いです。

幸せを願って 干支を贈る

干支には、
それぞれにさまざまな意味がこめられています。
大切な方への贈り物にもピッタリです。

それぞれの干支に込められた意味

十二支を揃えて愛でる

十二支全種がセットに。
それぞれの干支の説明を記載した特注箱に入っています。

縁起の良い素材 - 錫(すず) -

錆びや腐食に強い錫は、古来より
神仏器具や酒器として使われてきました。
錆びにくく、朽ちにくい金属なので縁起がよいとされ、
繁栄を願う贈り物として親しまれています。
年末年始のご挨拶に、日本の伝統的な
寿ぎの意匠をこらした一品に想いを込めて。