長寿

区切りの年齢まで齢を重ねたことを慶ぶ、
還暦や喜寿、米寿等の長寿祝い。
いつまでも若々しくこれからも
長生きしてほしいという気持ちを込めて。

RECOMMENDおすすめギフト

    • 祝の盃セット 金箔
    • 13,640円
    • 干支のぐい呑
    • 3,850円
    • フィーユ/入れ歯ポット
    • 6,600円
    • 小皿-TSURU
    • 8,800円
    • 富士山・FUJIYAMA 錫・金箔セット(桐箱入)
    • 13,750円
    • 箸置 - 鶴亀
    • 2,750円
長寿とは

還暦や喜寿等、たくさんの種類がある長寿祝い。本来は数え年で祝いますが、現在では満年齢で祝うことが多くなってきています。
 長寿祝いでは何か決まったものを贈るという風習や決まりはありません。長命を祝する特別なお祝いなので、食品等の消耗品よりは、形に残るものを選ばれる方が多いようですね。特別な品とともに思い出に残る素敵な時間を贈りませんか。

長寿のお祝い

  • 還暦(かんれき)61歳(満60歳)

    生まれた年の干支に還ることから「還暦」と呼ばれます。

  • 古希(こき)70歳(満69歳)

    「人生七十古来稀なり」に由来します。

  • 喜寿(きじゅ)77歳(満76歳)

    「喜」という字の草書体が七を3つ重ねた形になり、七十七と読めることに由来します。

  • 傘寿(さんじゅ)80歳(満79歳)

    「傘」の略字が八と十を重ねた形になることに由来します。

  • 米寿(べいじゅ)88歳(満87歳)

    「米」の字をくずすと八十八と読めることに由来します。

  • 卒寿(そつじゅ)90歳(満89歳)

    「卒」の略字が九と十を重ねた片になることに由来します。

  • 白寿(はくじゅ)99歳(満98歳)

    百から一を引くと「白」になることに由来します。

  • 百寿(ひゃくじゅ)100歳(満99歳)

    100歳は、百寿(ももじゅ)、または、紀寿(きじゅ)ともいいます。 また、100歳以上になると、毎年、上寿のお祝いとして祝います。